読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわり大人女性がほしい服とファッショングッズをネットで探した方法!

わたしはこだわり派、服やファッショングッズのお買い物スピードは超速い!だってすぐわかるから、ですが地方都市に引っ越ししたらほしいものがない!そこで試行錯誤の結果ネットとリアル店舗の使い分けで解決!

50代、60代のための服は必要だけれど、70代以上の感覚の服は要らない!

高齢の母の世話をして思います。なぜこんなに女性の服は老け過ぎだらけなんだろう?と思うのです。

私の母はセンスもいいしこだわり派です。ですが65歳からは服はほとんど買っていないと言いますが外出にも困らない程度に揃っています。

農家で田舎暮らしの母が選んだ服はセンスはいい方だと思いますが大半はジミすぎます。90過ぎた今は絶対着なかった可愛い物の方が似合うようにもなりました。

柔らかい色やわらかい明るい柄が似合うようになったのです。いままではスッキリしたシンプルな寒色系が好きでしたが、優しい色の方がきれいに見えるのです。

 

姿勢はよかったのですが90歳になったころから少し猫背になりました。

それで思うのですが、既成服の70歳後半から90歳の人の服はたいてい企画が間違っていると思います。

あまりにもおばあさんなのです。なぜ、見た目以上におばあさんの感じの服を作るのでしょう?

 

例えば、やせたおばあさんでも若い人用のチビTシャツは着にくいし似合いません。すると、パターンには高齢者ならではの工夫が要ります。柄も違います。しかしジミはおばあさん柄も必要ありません。

やわらかいスモーキーパステルはきれいだと思います。若い人みたいなコミック柄も違います。また、黒も皮膚がくすんでシミもシワもある肌には似合いません。でも藍はきれいに見えます。

こんなふうに根本的に実際の市場にある既成品は大外れです。わたしは今は仕事をやめましたが、素敵なおばあさんのための企画をしたら売れるものができる自信があります。

 

素材も高齢者が肌さわりがよく、軽いものが好きです。アイテムにより自然素材がいい物もあるし、そうでないものもあります。

いつかそういうお仕事をフリーの立場でお手伝いできたらいいなと思います。高齢者も新しい洋服をほしいという欲求はあります。

今はきびしいアパレル業界ですが、研究すればまだまだ穴場はあると消費者の立場だけになった今は思います。

 

ずっと現役で都会で暮らしていたら気付かなかったかも知れません。高齢者と身近に接する機会もなかったし、見えていませんでした。

しかも会社は若い人のための服を作りたがりますし。ビジネスなのですから欲求のあるところにもっと目を向けるべきでは?と思います。

今は60代の人が素敵に見える服が穴場だと思います。そしてそれは80歳になっている人も似合うと思います。注意が必要なのはパターンの工夫です。

60代<70代<80代<90代と地味に進む必要はないのです。必要なのはパターンに工夫です。そして色の工夫、柄の工夫です。

従来の色柄は大外れです。